So-net無料ブログ作成

ドリカム、2015年の大阪でのコンサート・ワンダーランドの個人的考察

去年、ドリカムの最大のライブコンサート、ワンダーランド2015を体感して来た管理人なのですが。東京ドームでのコンサートにしか行きませんでした。ですから、他のドームでのコンサートはどうだったのかと気になるわけです。ですから、少し調べてみました。

スポンサーリンク




札幌ドームでのカウントダウンコンサートは既に調べていたので、その他の場所でのコンサートはどうだったのか、そしてあの「大阪LOVER」での本拠地でのコンサートは、ワンダーランドはどうだったのかととても気になっていたのです。
調べてみるとナゴヤドームや福岡ドームでのコンサートでは皆さん「ドリカム最高!」「美和さん、素敵、凄い!!」と云う感想が列挙されていました。まあ、皆さんの気持ちは凄く良く分かるんですがね(苦笑)。

その中で、大阪の京セラドームでのコンサートでのレポをしてらっしゃったサイトさんを見つけました。この方のレポを拝読させて頂きまして、大阪でのコンサートの雰囲気を大体掴む事が出来ました。この方は管理人より二十歳近く若い方で、大阪へは飛行機でいらしたとの事でした。伊丹空港から大阪ドームまでも電車でかなり苦労してらっしゃったようです。札幌のカウントダウンコンサートでも、夜行バスや飛行機を使っての方々もいらっしゃったのでしょうね。北海道は広いですからね。電車で二時間近くかけて東京ドームでのコンサートに行ってグッタリしていた管理人は、反省しきりなのでした。

大阪.png

大阪でのライブコンサート・ワンダーランド2015も当たり前ですが、構成は他の場所と全く同じです。中央の天辺に聖なる「ドリクマ」さまが鎮座ましましてらっしゃって。その周囲を放射状に三本の道が出ていて、その先にステージがあると云う様な作りになっておりましたようです。ストーリーも「LOVE」団、「TEARS」団、「LIFE」団と分かれていて、そのテーマに沿った曲が演奏されて、パフォーマンスが展開されるのです。吉田美和さんが白いドレスを纏い、宙に浮かぶのはお約束のようでした。自転車を漕いで走り回る姿も、それが宙に浮かぶ様も。中には昔懐かしい某SF映画のようだとおっしゃってらっしゃる方もいましたが。お月さまが出てなかったから、管理人はそんな感じは受けなかったですけどね(苦笑)。むしろ、花火も上がって本当に遊園地の様で、“これぞワンダーランド”と云う感じがして胸が熱くなりました。
この大阪でのコンサートをレポして下さった方も、いつ「大阪LOVER」を唄うのかとドキドキワクワクしてらっしゃったようです。そして。大阪で聴く「大阪LOVER」は、何だかすごくむずかゆいとおっしゃっておいででした。そのお気持ち、すごく良く分かるような気がします。まあ、もっと欲を言えば。本場の関西人、大阪人の方々が聴く「大阪LOVER」の大阪弁は実際どう聴こえるのか、もっと詳しい感想を聞いてみたかったのですがね(苦笑)。

ライブコンサート終了後の挨拶の時。吉田美和さんは感極まってうるうるしてらっしゃったとの事でしたが。東京ドームでのライブコンサートでは吉田美和さんは始まる前からうるるうるしてらっしゃって、東京ドームに集まったワンダーランドベイビーズたちに力一杯手を振ってらっしゃったのですが。今回のワンダーランド2015は、五大ドームツアーと云う事でしたが、吉田美和さんにとってそれぞれのドームでの深い感慨があったのでしょう。

スポンサーリンク




ちなみに。
大阪でのライブコンサートでのセトリは以下の通りでした。

1.A theme of the WONDERLAND
2.雪のクリスマス
3.WINTER SONG
4.LAT.43°N
5.SNOW DANCE
6.もしも雪なら
7.愛がたどりつく場所
8.LOVE LOVE LOVE
9.時間旅行
10.RING!RING!RING!
11.星空が映る海
12.SAYONARA
13.マスカラまつげ
14.琥珀の月
15.悲しいKiss
16.やさしいキスをして
17.笑顔の行方
18.晴れたらいいね
19.眼鏡越しの空
20.空を読む
21.きみにしか聞こえない
22.朝がまた来る
23.ア・イ・シ・テ・ルのサイン~わたしたちの未来予想図~
24.未来予想図II
25.サンキュ.
26.さぁ鐘を鳴らせ
27.その先へ
28.決戦は金曜日
29.大阪LOVER
30.うれしい!たのしい!大好き!
31.何度でも
32.あの夏の花火
33.AGAIN
34.またね


まあ、東京ドームのライブコンサートでのセトリと似たりよったりなのは当然でしょう。どう云う基準で歌う歌を変えたり順番を変えたりしてるのかは存じませんが。

大阪でのライブコンサートでの感想を調べていて、皆さん、ドリカムのお二人を、吉田美和さんを絶賛してらっしゃっいましたが。一つ気になる意見を見つけました。以下、転載させて頂きます。


ワンダー行きました。

美和ちゃんの体力落ちてます。

ここ数年毎回ライブで、
美和ちゃん声が出ていません。
声の伸びがなくカスれる曲もありました。

今回のワンダーはスタンド向けで、
登場も見れず、三つのサイドステージもスタンド向き、飛んでてもスタンド向き、昔からのファン向けではなく、新しいファン獲得?のワンダーのようでした。
残念です。

来年の裏ドリ、期待しています。


※「みんなのセトリ」から転載させて頂きました。


失礼ながら。
体力が落ちているのは当然の事です。
もう五十歳なのですから。
声の変調を指摘してらっしゃいますが、それはドリカムの吉田美和さんがライブコンサートで口パクと云う行為をしていない証明の様なものです。声の掠れは札幌のカウントダウン・ライブコンサートでも指摘されてますが、その意見を述べた方は好意的に受け止めてらっしゃいました。
スタンド向きなのを新しいファン獲得の為の戦略の様に受け止め、昔からのファンをないがしろにしてるようにおっしゃいますが。チケットが完全な抽選制なのは、みんなが知るところです。アリーナ席ばかりに昔ながらのファンが集中していた訳ではありません。実際、管理人は、まあ昔からファンではありましたが、ドリカムのライブコンサートの参戦歴は僅か二回きりです。それでも二回ともアリーナ席でした。昔からドリカムのライブコンサートに参戦してらっしゃった方々がスタンド席にもいた筈です。
今年の裏ドリに期待するとおっしゃってますが。大変、失礼ながら、吉田美和さんはまた一つ歳をとられるのです。昔の様な声の伸びや張りを期待するのはいかがなものかと思います。勿論、「ドリカムの吉田美和さん」は力一杯、精一杯努力するでしょう。100パーの、120パーの。いえ、200パーの力を注いで、プロの歌い手としてのプライドをかけて、歌手生命さえもかけて。吉田美和さんの衰えを指摘するなと言っている訳ではありません。色んな人がいて、色んな考えをもつ方がいらっしゃるのは当然の事ですから。

ですが、しかし。
あなたが、「ドリカムの吉田美和」に求めるものは何ですか?

完璧な歌声ですか?

完璧なパフォーマンスですか?

管理人に言わせて頂けば。
管理人はそんなものは求めておりません。

現在の。
今、精一杯の力を出し切って頂ければ、それでお腹一杯です。

ライブコンサートで、口パクなんて言う最低の行為さえしないで頂ければ、管理人はいつまでも「ドリカムの吉田美和さん」を応援し続けていられる事でしょう。

スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © ドリカム吉田美和応援ブログ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。