So-net無料ブログ作成

ドリカムワンダーランド2015-2016札幌のセトリ

四年に一度のグレイテストヒッツライブ「史上最強の移動遊園地
DREAMS COME TRUE WONDERLAND2015」も大晦日の北海道の札幌のカウントダウンライブをもって無事に終了致しました。『アタックキング』こと中村正人さんのおっしゃる「家に帰るまでが『ワンダーランド』です。」の通り、札幌は寒さが半端ないし、このワンダーランドが特別なカウントダウンライブなため、地方から札幌まで遠征してらっしゃる兵(つわもの)のベイビーズたちも沢山いらっしゃったようで夜はホテルに泊る方も。皆さま、無事にご帰宅されて、無事に新年を過ごされましたでしょうか?

スポンサーリンク




札幌のワンダーランドのセットリストは以下の通りでした。

1.A theme of the WONDERLAND
2.雪のクリスマス
3.WINTERSONG
4.LAT,43°N
5.SNOW DANCE
6.もしも雪なら
7.愛がたどりつく場所
8.LOVE LOVE LOVE
9.時間旅行
10.Ring!Ring!Ring!
11.星空が映る海
12.SAYONARA
13.マスカラまつげ
14.琥珀の月
15.悲しいKISS
16.やさしいKISSをして
17.笑顔の行方
18.晴れたらいいね
19.眼鏡越しの空
20.空を読む
21.きみにしか聞こえない
22.朝がまた来る
23.ア・イ・シ・テ・ルのサイン ~わたしたちの未来予想図~
24.未来予想図II
25.サンキュ.
26.さぁ鐘を鳴らせ
27.その先へ
28.決戦は金曜日
29.大阪LOVER
30.うれしい!たのしい!大好き!
31.何度でも
(アンコール)
32.あの夏の花火
33.A HAPPY HAPPY NEW YEAR!!
34.AGAIN

前回の記事とはセットリストが違う事にお気付きでしょうか?
アンコールの曲が違うんですよ。ラストの曲と、33曲目が「A HAPPY HAPPY NEW YEAR!!」と云う曲になってるんです。これは多分「HAPPY HAPPY BIRTHDAY」を新年用にアレンジした曲だと思うのですが、今回の記事の方が正しいようです! 嘘を書いてしまって申し訳ありませんでした!!!
でも、ドリカムらしいファンサービスですよね♪
カウントダウンをして、一緒に新年を迎えるベイビーズたちには、とっても嬉しい曲だった事でしょう♪♪♪

ワンダーランド札幌.png

吉田美和さんのファン想いのお言葉は相変わらずだったようです。
世間さまは忙しい年末に集まり、限定グッズを買うのに並んだ『札幌ワンダーランド・ベイビーズ』たちに「風邪ひいてない? 大丈夫?」と気遣ったり。
そうかと思えば。
『アタックキング』になった中村正人さんのくどさを可愛いらしく皮肉ったり(笑)。その後、中村さんが何か言い掛けるも『噛みサマ』が降りて来たらしくて、呪文の様になってしまったとか。確かに中村さんは東京ドームでも「愛がだどりつく場所」の曲紹介の時にも、吉田美和さんに『噛みサマ』注意を受けてらっしゃいました(笑)。

そして、キメ台詞「みんなを幸せにしちゃうからね~♡」のお言葉通り、吉田美和さんの歌とドリカムのパフォーマンスは2015年のカウントダウンに。2016年の幕開けに相応しく素晴らしいものだったようですが。
美和さんが大丈夫なのか、かなり心配になってしまった事が一つだけありました。それは。

スポンサーリンク




「「朝が来る」の最後の高音出てなかったし、最初から美和さんの声がガラガラで、最後まで声もつのか不安になりました。」との声があった事です。

某サイトで言われてる様な「吉田美和の声の質が落ちた」とか「声が枯れてる」とか云う誹謗中傷なんかじゃないのです。純粋に心配するファンの声です。
確かにドリカムは、ワンダーランドで五大ドームで二日ずつ公演を行いました。ラストの札幌は、大晦日のカウントダウンの一日だけでしたが。

ドリカムはいつも全力疾走です。吉田美和さんと中村正人さんと、ドリカムのスタッフたちは、ファンである“ベイビーズ”たちを最大限楽しませて下さろうと全力投球です。それが四年に一度の「ワンダーランド」なら尚更です。
それが悪いなんて、これっぽっちも思いません。
ですが。
ドリカムの、吉田美和さんと云うアーティストを見てると、不安が込み上げて来るのは、管理人だけでしょうか?

「ドリカム」と云うグループは公言してらっしゃる通り、『吉田美和さんの「歌声」を「詞」を届けるためのバンド』であります。
それ故に。
かなり無理に無理を重ねてらっしゃる様に思えてならないのです。

このワンダーランドの終了後は、一ヶ月の休みの後とは云え「ワンダーランド後夜祭」が予定されており、ワンダーランドの閉幕間際に予告された通り、「裏ドリワンダーランド」の開催が予想されます。
ドリカムらしい“攻め”の姿勢と云えばそれまでなのですが。
走り過ぎて、息切れを心配してしまうのは、管理人が心配性だからだけでしょうか?

「何度でも」の歌詞にもある通り、吉田美和さんは「声が枯れるまで」歌い続けるお心算なのでしょう。吉田美和さんは、“ファンであるベイビーズみんなを笑顔に、幸せにしたい”とのお気持ちなのでしょうが、そのために自分自身を犠牲にしているように思えてならないのです。
そこに“罪悪感”を感じてしまうのは、管理人だけなのでしょうか?

思えば。
あんなにお優しい吉田美和さんが、他人の家庭を壊して平気でいられる筈がないのです。特にお子さんは。結婚は夫婦同士の問題ですが、子供には何の罪もないのですから。

吉田美和さんが、ファンたちを“ベイビーズ”と呼んでいる理由。
そこに、吉田美和さんの『自分の子供は持たない』と云う決意を感じてしまうのは、管理人の穿ち過ぎだと思いたいです。

吉田美和さんは、幸せになって良い女性(かた)です。
管理人に言わせれば、誰よりも幸せになって欲しい女性(かた)です。
今の旦那さまと幸せになって頂きたいと切に願います。

声が枯れても、喉を潰しても歌い続けて欲しいなどと願うファンはいないはずです。走り過ぎて、前のめりに倒れてしまう吉田美和さんなんて見たくはありません。
くれぐれもご自身のお身体を、喉を大切になさって歌い続けて行って頂きたいと思います。そして、限界を感じたら。
『引退』と云う選択もアリだと思うのです。

新年早々何を言い出すのだと怒り出す方もいらっしゃるでしょうが。三箇日も過ぎたので、許して下さい。

吉田美和さんには、ご自分を大切にして幸せになって頂きたい。

管理人が願うのは、ただそれだけなのです。

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © ドリカム吉田美和応援ブログ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。