So-net無料ブログ作成
検索選択

ドリカム「何度でも」の歌詞の個人的考察(おすすめのYouTubeも)

ドリカム「何度でも」はドラマ『救命病棟24時』第3シリーズの主題歌に起用されて大ヒットした、説明の必要のない名曲です。2011年のワンダーランドのリクエストでは1位であり、今回のワンダーランドの中間発表でも1位を獲得しており。ワンダーランドでは必ず演ってくれるだろうと期待していた曲であります。

スポンサーリンク




そして、結果は。
「何度でも」は、あらかじめの予想通りリクエストの断トツの一位で、ドリカムはワンダーランドでも、もちろん演って下さいました!!


前を向いてしがみついて胸掻きむしって

あきらめないで叫べ!


後で触れるYouTubeの中でも吉田美和さんが集まったファンの人々に歌唱指導してらっしゃいましたが、この歌詞の中で「諦めないで叫べ!」と呼び掛けて下さった時、東京ドームの中でワンダーランド・ベイビーズの一員として叫ぶ事が出来て、その叫びが「ウォーーーッッ!!!」とワンダーランド王国をゆるがす地鳴りの様に響いた事は、管理人の一生の宝物と言える思い出となりました♪ 後述します通りに、この「何度でも」は、ドリカムの曲の中でも、管理人にとっては特別な一曲なので。正に、「何度でも」を体感したいと云う長年の悲願を叶えた感激の瞬間でありました♪♪♪

何度でも.png

ところで、この「何度でも」の歌詞の中で『きみ』と云う存在が出て参りますが。あなたは、この『きみ』と云う人物をどのように捉えてらっしゃいますか?

「何度でも」と云う曲をただの恋愛の曲だと思ってらっしゃる方は、恋愛や片思いの相手と捉えてらっしゃるようです。歌詞の中で「きみの名前」と云うフレーズも片思いの相手の名前だと。そして歌詞にある通り、「何度でも」呼んで叫べと。

しかし、果たして、そんな単純なものなのでしょうか?

この「何度でも」は、冒頭でも触れた通りドラマ「救命病棟24時」のために書き下ろされた曲であり、このドラマでは関東を襲った大地震による生と死が織り成すドラマ、生き残った人々が様々な苦悩と葛藤に悩み苦しむ様子を、それらを乗り越えて復興してゆく過程を描いたものです。極限の状態で、人間と云う生き物が何をどう考え、悩み、欲望を抱え、必死で“生きる”様子を描いたドラマなのです。
管理人には、どうしても単なる恋愛の曲だとは思えません


『生きる』と云う事は酷く大変で、辛く哀しいものだけれど。

『人間』と云う生き物は、時に最低で自分さえ良ければ、他人はどうでも良いなどと考えてしまう生き物だけれど。

どんな最低最悪の状況でも、どこかに必ず突破口はある。 

決して希望を捨てるな。 

『人間』と云う生き物は、どんな劣悪な状況に陥っても、他人を思いやり、庇ってくれて、救ってくれる人は必ずいる。 

だから「何度でも」立ち上がる勇気を持とう。


そんなメッセージを、このドリカムの歌詞から感じ取っていました。

そして、この『きみ』と云う人間(ひと)は。
元気や勇気をもらえる相手だと思っていました。
恋人や片思いの相手に限らず、友人や親友、恩師の名前だと。
管理人は個人的に恋愛の経験が乏しいもので、生死の境に名前を呼びたくなるほど好きになれた、愛する事が出来た相手は残念ながらいませんでした。
ですが幸いにして、“人生の師”と“精神(こころ)の師”と仰ぐ事の出来る“メンター”と呼べる御方とは、お陰さまで出会う事が出来ました。だから、余計にそう思うのかも知れません。

そして、とあるブログの、この『きみ』を亡くなった人と断じてるところを見つけました。


「きみ」は生きている大切な人ではない。思いは容易に伝えられるし、辛いときに顔を思い浮かべて励みにすることはあっても、声に出して名前を呼んだ経験はあまりない。まして声が枯れるまで呼ぶことはない。

(中略)

死別による深い悲しみで、怒り、悔しい、苦しい・・・ネガティブな感情ばかりになる。
そのたびに亡くした人を思い出し、自然と名前を呼んだり呟いたり叫んだりしてしまう。

「辛くなったら名前を呼び続ければいい。それが力になる日が来る。悲しみは長く続くが、遠い将来にはひょっとしたら何か気持ちが変わるかもしれない。」という励ましの歌だと感じた。


※ 「コビトカバのブログ」の『DREAMS COME TRUEの「朝がまた来る」と「何度でも」の歌詞の意味』から、一部転載させて頂きました。


成る程、そう云う考え方もあるのだと納得致しました。
亡くなってしまって、もう会う事も出来ない人だと思えば、「何度でも」名前を呼び続けたくなる気持ちも良く理解出来る様に思えましたし。

ですが、生憎。
管理人には、名前を呼ぶだけで勇気を貰えるような方はおりません。
例えば、ドリカムの吉田美和さんの曲や歌声や歌詞を思い出して勇気をもらえる事は出来ますが。「吉田美和さん」と呼ぶだけで、元気を貰える事は出来ません(苦笑)。

管理人のこの意見は、この名曲「何度でも」を根底から否定する事になるかも知れません。ですが、自分に嘘はつけません。管理人は、名前を呼ぶだけで愛や勇気をもらえる人を得る事が出来なかった、可哀想な人間なのかも知れません。

ですが。

『私の尊敬するあの人なら、この極限の状況でどんな風に振舞うだろうか?』『あの方なら、こんな時、この眼の前の人をどんな風に力づけて、励ます事が出来るだろうか?』と考え。その真似をしようと努力する事は出来ます。


結局、管理人にとって、ドリカムの「何度でも」と云う曲は。
「何度でも」の歌詞から感じる事は。


生きている限り
人生の時が終わるその瞬間まで。

ゲームがオーバーになってしまうまでに。

希望を決して、自分から捨ててはいけない。

「何度でも」立ち直る機会は、必ずやって来る。

「何度でも」やり直しても、決して遅過ぎると云う事は決してない。

「何度でも」立ち上がる勇気を持とう。


と云う、この生き辛い世の中を生きてゆく。
生き抜いてゆく、人生の最大の応援歌なのです。

スポンサーリンク




「何度でも」のYouTubeは沢山存在しておりますが、管理人の おすすめは、キンキキッズの堂本剛が司会を務めていた「正直しんどい」と云うバラエティー番組で、堂本剛がドリカムと共演している際のものをアップしているものです。管理人は実家にいた頃たまたまこの番組を見ており、ビデオに録画もしていたのですが。DVDが普及してゆき、テレビが地デジになり、実家を離れてひとり暮らしをする際、思い切ってビデオを全て捨ててしまったのです! アナログな管理人はビデオをDVDにやく事が出来る事を知らずにいたのです! 「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 95」のビデオを泣く泣く始末したのは、悔やんでも悔やみ切れない出来事でありますっ!!(号泣)

閑話休題。

管理人がこのYouTubeを見つけた時は狂喜して、それこそ『何度でも(笑)』繰り返し、見て聴いてしまいました。


ドリカムのお二人が剛くんと野外ミニライブをやろうと場所を探すところから始まるのですが、ロケが行われた季節は厳寒の真冬の事でありまして。寒色系の衣装をお召しのお三方の中、吉田美和さんの温かそうな真っ白のマフラーが妙に可愛らしく見えて。ギターをお持ちの中村さんと剛くんが凍えて手がかじかんでしまっているのを「君たち、大丈夫かい?」とごく自然にきづかっているのが妙に印象的で、見ていた管理人は『ああ、美和さんは優しい女性(ひと)だな』と、自然に感じた事を良く覚えております。

三人は木々が枯れてしまっているとある寂しい小さな公園を臨時ステージに決定して練習を始めるのですが、どこから聞き付けたのか、人々が次々に集まって参りまして。ちょっとしたコンサートの様相を呈して参ります。
その様子に戸惑いと驚きの様子を隠せない三人組。美和さんは集まった人々に「君たちも練習しなきゃダメだよ。」と、「何度でも」での中の掛け声の練習を指導し始め、素直にそれに従う子たちも妙にカワイイのです(笑)

少しのあわせの練習の後、いよいよライブが始まります。
三人がキャップ(帽子)を被っていたためか、即席バンド名は『キャップップ』。『つよっぷ』と『まさっぷ』の前奏が始まり、『みわっぷ』が歌い出すのは勿論、「何度でも」。

吉田美和さんの口から紡ぎ出される「何度でも」の歌詞は、狭い公園を広いコンサート会場に変身させて行くかのような広がりを見せ。集まっていた即席観客たちのハートをわしづかみにしてしまいます。
掛け声もバッチリ決まり。そして、いつの間にか始まり大きくなってゆく手拍子。“観客”たちの心がひとつになってゆくのが分かる小さく静かな。しかし、確かな盛り上がり。



10000回だめで望みなくなっても

10001回目は くる


きみを呼ぶ声 力にしていくよ 何度も

明日がその10001回目かも知れない・・・



吉田美和さんが指を高く掲げて、歌い終わった瞬間。
その場は、「何度でも」の歌詞を生で味わい、感動を共有出来た幸せな“即席観客”たちの拍手に、熱い静かな熱気に包まれ。寒さを感じている人など一人も存在しない事が画面からも伝わって参りました。


思えば、この曲に、管理人は何度、慰められ、力づけられ、救われて参りましたか分かりません。当時、母親は遠い精神病院に入院中。普通の面会は出来ません。まず、ドアが開かないのです。玄関にはインターホンがあり、監視カメラが設置され。来客が入院している患者の関係者であると確認が取れるまで中には入れてもらえないのです。帰りの時も必ず病院側の許可が必要です。玄関の鍵を開けてもらえないから。家に帰れば、介護用のベッドで父親が眠っています。優しく大らかだった父親の性格も変わってしまいました。動けない苛立ちを管理人にぶつけて参ります。出口が見えない介護地獄。管理人の精神はボロボロでした。
自身もうつと脳梗塞を患っていて、無職だった管理人は(会社のリストラにあったのです)、担当の精神科医の先生から勧められておりました。『生活保護を受けて、家を出た方が良い。お父さんの介護は誰かに任せて。このままではあなたがダメになってしまう。』

なんで、こんな目にあわなければならないのだろう?
私が何をしたと云うのだろう?
もうダメだ。
もうこれ以上、耐えられない

何度自殺を考えた事か、数え切れません。


しかし、管理人は立ち上がりました。
「何度でも」

明日が、その10001回目である事を信じて。


ちなみに。
このおすすめYouTubeは、「何度でも」の他は「LOVE LOVE LOVE」と云う豪華なラインナップとなっております。ドリカムとキンキキッズの、特に剛くんのファンの方は必見です!!

「何度でも」で生きる勇気をもらい、「LOVE LOVE LOVE」で大きな愛情を頂きましょう♪

尚、申し上げておきますが。
管理人が信じた『10001回目』とは、両親の死などではありませんから、念の為。当時チャレンジしていた、あるものに関する事ですから、変な誤解はなさらないようにお願い致します(苦笑)


さて。
今年2015年も今日で終わりです。
ドリカムのワンダーランドも、北海道のラストのカウントダウン・ライブを残すのみとなりました。

あなたにとって、この一年はどのような年だったでしょうか?
“ワンダーランド・ベイビーズ”の称号を勝ち取る事が出来た方には、「おめでとうございます。」とお祝いを申し上げます。来年2016年もワンダーランドの後夜祭がございますし。まだまだ、ドリカムのお祭りは終わりません。
そして、惜しくも選に漏れてしまった方は、四年後の機会を狙って「何度でも」チャレンジして下さいませ。

今年は、このブログを読んで下さった事に、心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました。来年も変わらず、ドリカムを、吉田美和さんを応援し続けてゆく所存でございます。来年2016年も、どうぞよろしくお願い致します。どうぞ、良いお年をお迎え下さいませ♪

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © ドリカム吉田美和応援ブログ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。