So-net無料ブログ作成
検索選択

ドリカムのジャケットに肥後さん登場!(コロッケと美川憲一を思い出すのは、管理人だけ?)

去年のアリーナ・ツアー「25th Anniversary DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2014 -ATTACK25-」のライブ映像作品のDVD・Blu-rayのジャケット写真に、ドリカムの中村さんにそっくりな事で有名なダチョウ倶楽部の肥後さんが起用された事が判明。話題と笑いを振り撒いております。

スポンサーリンク




昨年14都市32公演で行われた最新アリーナ・ツアー『25th Anniversary DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2014 -ATTACK25-』のライブ映像作品。このDVD/Blu-ray のジャケット写真が先日公開され、中村正人さんが扮するATTACKMANが表紙になり、吉田美和さんが登場しない事がファンの間で話題になっていたのですが。
ドリカムはやっちゃってくれました(笑)。実はこのATTACKMANの正体が、ダチョウ倶楽部の肥後克広さんであったことが判明しまして。肥後さんがブラックアイマスクを着用して、カバー写真に登場しているそうです! DVD/Blu-ray共に通常盤はアイマスクを付けたものですが、それぞれの初回盤は仕掛けを外すと肥後さんの顔がはっきりと確認できるものになっているそうです。ドリカムってばホントにノリが良いと云うか、お茶目さんですね♪(大笑)

肥後さん.jpg

このジャケット写真撮影に際しては、中村正人さんが撮影スタジオに陣中見舞いに訪れて。中村さんらしい遊び心でスタジオには中村さん愛用のベースが持ち込まれましたが、なんとまったく同じべースが2台ありまして。その同じベースを持ちながらの、“奇跡のヤー!”2ショット写真が誕生するハプニングも。普段、中村さんが実際に使用しているベースを手に、肥後さんのテンションもあがりっぱなしだったそうですが、そりゃあ、肥後さんのテンションも上がるでしょう。“本家”にそんな嬉しいサプライズを用意されたら(笑)。また撮影中には、肥後さんが一般の人に中村さんに間違えられたと云うエピソードを披露するなどして、終始和やかな撮影となったそうです。


「25th Anniversary DREAMS COME TRUE CONCERT TOUR 2014 -ATTACK25-」収録曲

01. OPEN SESAME+映像1
02. APPROACH
03. IT'S TOO LATE
04. MADE OF GOLD -featuring DABADA-
05. 愛して笑ってうれしくて涙して
06. この街で
07. それでも恋は永遠
08. あなたに会いたくて
09. 悲しいKiss
10. 映像2
11. THE CHANCE TO ATTACK WITH MUSIC
12. ONE LAST DANCE, STILL IN A TRANCE
13. I WAS BORN READY!!
14. 軌跡と奇跡
15. MORE LIKE LAUGHABLE
16. あなたにサラダ以外も
17. MONKEY GIRL -懺鉄拳-(懺鉄拳の懺は懺悔の懺)  
18. FALL FALLS
19. 愛がたどりつく場所
20. 想像を超える明日へ
21. MY TIME TO SHINE
22. さぁ鐘を鳴らせ
23. AGAIN
24. ハイッ!ハイッ!ハイッ!ハイッ! / 恋の罠しかけましょ~FUNK THE PEANUTS のテーマ~
25. サンキュ.
26. HAPPY HAPPY BIRTHDAY - 2014 Party Mix -

初回限定盤ボーナスディスク
<SPACE SHOWER TV "LIVE with YOU">

01. OPEN SESAME
02. APPROACH
03. あなたに会いたくて
04. 悲しいKiss
05. ONE LAST DANCE, STILL IN A TRANCE
06. あなたにサラダ以外も
07. AGAIN
08. さぁ鐘を鳴らせ
09. 愛がたどりつく場所
10. LOVE LOVE LOVE

管理人が初めて、ドリカムのコンサートに行ける事になった日の事を思い出します。思えば、台風が接近している代々木国立競技場にハタハタとはためくドリカムのお二人が怪しげなマスクをされている事からして不思議だったのですよね。
ドリカムのファンクラブに入会していて、管理人をライブに誘ってくれたTちゃんに聞けば、「あれは美和さんと正人さんじゃなくて、『アタックマンとチャンスウーマン』だよ」との答え。何じゃそりゃ!?と思い、ライブ会場でパンフを買ってみても正体はハッキリ判明せずに。ライブをたっぷり堪能した後日、家でネット検索して、その正体を知ったのでした(管理人はスマホを持っておらず、携帯もメール機能とネット機能が削除されているもので)。

以下、その時の情報を列挙します。


『彼らの名前は、ATTACKMAN(アタックマン)CHANCEWOMAN(チャンスウーマン)!! ドリカムの中村正人似の顔をしているハットを被った男性が、ATTACKMAN、「25」というイヤリングが印象的な吉田美和似の顔をしているのが、CHANCEWOMANである。彼らは、DREAMS COME TRUEのふたりから、とあるミッション(使命)を課せられたエージェントだったのだ。

アタックマン .jpg

そのミッションとは、「DREAMS COME TRUEの音楽を世界中に広めること」。ミッションを果たすため、ATTACKMANとCHANCEWOMANは世界中を飛び回り、その秘密兵器“アタックホーン”でDREAMS COME TRUEの音楽を鳴らし続けているらしい。

そして、ついに、ニューアルバム「ATTACK25」のリリースを控えたこの日本に活動の場所を移し、これから日本にてドリカムの音楽を届けるべく様々な活躍をしていくとのこと。

手始めに彼らは、Twitterを開始(@DORI_ATTACK25)。本家ドリカムに最も近い存在として、最新のドリカムの活動状況や、これまであまり知ることの出来なかったレアな情報、そして、自分たちに与えられたミッションを乗り越えていく過程もツイートしていくそうだ。

また、このATTACKMANとCHANCEWOMANの活躍は、8月13日(水)にリリースされるニューアルバム『ATTACK25』初回限定盤のブックレットにて見ることができるとのことである。』


これらを拝読した時、管理人は『ドリらしいなァ~♪』と微笑ましくなりました。
ドリカムほどの大御所になっても、それらに胡坐をかく事なく、“攻め”の姿勢で全力でファンたちベイビーズたちを楽しませる“エンターティナー”である事を重要視しているかのような態度。
それは、このお二人からのコメントを拝読した時、一層強くなりました。


■ ATTACKMAN・CHANCEWOMANからのコメント

『ドリカムの音楽を世界中いたるところに届けるというミッションを託されたエージェント、その名も、アタックマンとチャンスウーマンなのだぁ!

世界中のあんな場所やこんな場所に出没して、我々が手にしているアタックホーンから、ドリカムの音楽を届けるのである!

ミッションのコードネームは『ATTACK25』

これから、ツアーに向けて大忙しなmasa&miwaに代わり、ドリカムのニューアルバム「ATTACK25」が発売されるその日まで、我々のミッションは続くのである!』


彼らのミッションはアルバムが発売された後も、まだまだ続いていたのですね。
何とアタックマンの中身がチェンジして、ファンを楽しませてくれているのですから。

管理人の瞼の裏には、美和さんにさえ内緒にしてサプライズゲストとして舞台に登場した肥後さんの姿と、中村さんと「ヤーッ!!」と奇跡のツーショットを魅せて下さった姿がクッキリと映し出されているのです(笑)

スポンサーリンク




モノマネされるのは、芸能人にとって一種のステータスと言えると思います。
中村さんと肥後さんは奇跡的なまでに顔がもともと似ていたからやりやすかったでしょうが、その後の良好な関係を見るにつけ思い出すのは、歌手の美川憲一さんと、お笑いタレント・コロッケの関係。

コロッケ 美.jpg

「さそり座の女」で有名な美川憲一さんですが、その昔ははっきり言って、“過去の人”と云う忘れられた存在でした。それが一躍脚光を浴びる事になったのは、コロッケがモノマネをした事によるものだったと言っても過言ではありません。
1989年のお正月に放送されたフジ系「オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦!」での“事件”は忘れられません。「さそり座の女」のワンコーラス後にコロッケの後方から美川さんが歌いながら出てらしたのですが、あの時のコロッケの驚きぶりは物凄かったです(笑)。慌てふためいて。美川さんに土下座して。審査員席の故・淡谷のり子さんがお腹をかかえて笑ってらっしゃたのが印象的でしたが、テレビを見ていた管理人も勿論大ウケでした。
今でこそモノマネタレントとご本人との共演は当たり前の様に行われていますが、この時が“初”であったと記憶しております(違っていたら済みません)。
その後、美川さんは「タンスにゴン」のCMでブレイクし、芸能界のご意見番の様な地位を確立して行くようになるのですが。“美川憲一”と云うタレントの復活は、コロッケのモノマネの巧みさ・面白さによるものであった事にかわりはなく、美川さんも随分感謝されてらっしゃるとの事です。


モノマネなどされ、騒がれるうちが花。
生存競争が過酷な芸能界ですが、ドリカムのお二人も肥後さんも。そしてついでながら、美川憲一さんとコロッケさんも。いつまでもお元気で、ファンであるベイビーズたちと、お茶の間の私たちを楽しませて頂きたいと思います。

スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © ドリカム吉田美和応援ブログ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。