So-net無料ブログ作成
検索選択

ドリカム 吉田美和さんの前の旦那さまの急死にお騒ぎの方々へ

確かに、吉田美和さんの前の旦那さま、末田健(すえだたけし)さんは、
胚細胞腫瘍と云う病気で若くして亡くなられてしまいました。
まだ33歳と云う若さですから、早すぎる死です。

スポンサードリンク






前の旦那さま.jpg


吉田美和さんと恋仲になられた時は、
末田さんは結婚されていて、お子さんもいらっしゃいました。
いわゆる不倫です。

でもキチンと離婚し、けじめをつけて、
美和さんと一緒になられました。
正式な入籍ではなく“事実婚”と云う形をとられました。

ネット上では様々に憶測されていますが、
「末田さんの元妻側に、吉田美和さんの資産を渡らせない」
ためと云うのが、一般的な見方のようですが…
本当の事は理解りません。


どんな理由があるにせよ、正式な結婚が出来ないと云う事は、
吉田美和さんにとって幸福だったのか、不幸だったのか、
理解りませんが…心が結ばれていたから幸せだったと思いたいです。
ドリカム、吉田美和さんのファンとしては。



そして、旦那さまの急死に、吉田美和さんの哀しみはいかばかりだったかと、想像するのも辛くなります。ドリカムの仲間、中村正人さんが「吉田は気丈に振る舞っているが、人前に出たり歌ったり出来る状態ではない。」と、とても心配していらっしゃいました。


無理もありません。
管理人・へづ屋の父親は脳梗塞を煩い、長年の介護生活の末、
胃がんが発覚し、余命半年を宣告されましたが、
たった二週間の入院生活の末の急死でした。
高齢だったため、いつかはと覚悟していましたが…ショックでした。


…昨日までは、確かに介護ベッドの中で眠っていた人が、
ある日、突然その存在がなくなる、あの喪失感…

経験した人でなければ、本当には分からないと思います。


それが最愛の人であれば、尚更だったのではないでしょうか?


スポンサードリンク





ネットで見ていると、
「ドリカム・吉田美和の元旦那の急死は、略奪婚の末の自業自得」
と云う心ない書き込みを見掛ける事もあり…怒りを覚えるより、哀しくなります。


不倫? 略奪婚?
それがどうしたと云うのですか?

確かに倫理上では、許されるものではないかも知れません。
でも、それを責める事が出来るのは、
夫や父親を奪われた、当事者である
末田さんの元の奥さまや、お子さんだけだと思います。





ネットで吉田美和さんを中傷する方。
何がそんなに面白いのでしょうか?

他人の不幸は、蜜の味?
なんて、可哀想な方々なのでしょう。



リア充の方が憎いのですか?
だからと言って、他人や有名人を攻撃しても良い
などと、なぜ思えるのでしょうか?







貴方のまわりを良く見て下さい。
貴方の内面を良く見つめてあげて下さい。

掘り出される時を待ってる、
貴方の心の中の宝物に、きっと気付くはずです。








『あなたの純粋な魂は、生まれたての赤ちゃんのようです。

恐がらずにゆっくりと、世の中を見、人々と関わっていきましょう。

段々、楽しく面白くなり、強さやゆとりが生まれてきますよ。』




へづ屋の大好きな、
中森じゅあん先生のお言葉を、
そんな方々にプレゼントします。



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © ドリカム吉田美和応援ブログ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。